カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


リンク


ブログパーツ




DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:スタートレック
スター・トレック イントゥ・ダークネス 遂に公開!

日本での公開かなかなかに遅く、お盆先行には行けなかったので、初日に観て参りました。
ネタバレに触れずに観ることができたのは幸いでしたね。
TOSファンにはたまらないネタもあったのではないでしょうか?

TOSはからっきしな私も、スタトレ世界の歴史はある程度認識しておりましたので、うっはうはでした。

そして何より、スポックさん大好きだぁぁぁ!

ネタバレあり感想は続きで書くとして。

同じ日に、パシフィックリムを観て参りました。
私の、ロボットアニメ特撮に特化したTwitterタイムラインにおいては話題沸騰の映画です。

STIDは字幕で観ましたが、パシフィックリムは吹き替えで見ないといけない気配だったので吹き替えで。

どういう話かはよく知らずに行ったのですが、観てみたら、イェーガーの搭乗方法とか操作のシステムとかに燃えて燃えて。

あれはとても良いものです……。

ロケットパーンチ!☆○(゜ο゜)o


同じ回にいたお客さんは、せいぜい20人程度だったと思うのですが、私以外全員男性だったような?
あれはロボ燃え女性はイェーガーに乗りたくなる映画ですよっ。恋人とイェーガーに乗りましょう!(ぇ)



さて、ではでは、STIDのネタバレ遠慮なし感想に突入!




ネタバレ警報!!







最初、予告でもみた炎の中のシーンまさかわりと冒頭とは!
字幕だと「この惑星の生命体を救う最後のチャンス」みたいなセリフが「最後のチャンス」くらいに短縮されてて、字幕ヤバい情報落ちすぎと冒頭で認識。
スタトレっぽい感じの惑星(文明レベル低め)で、カークやスポックの人間性が分かるナイスエピソード!
しかも、ここでの選択が物語を通して意味を持つ。ただの人物紹介でないのが嬉しい!

スポックさん好きと再認識。
随所で感情を持ちながらそれを殺して生きることを望む、彼の中の静かな炎が感じられて。
バルカン人の素晴らしいところは、確かに感情というものを持ちながら、技術とか訓練のところで無感情であるように振る舞い、理性的であることを良しとするところなのよね♪

素直じゃないな~とか、可愛いとこあるな~とか、思ってしまったりして。

ってそうじゃなくて。
話の中身についてを。

とくに言及されてませんが、死にゆくパイクにスポックさんさりげなく精神融合してて。それをみて早速うるりと。

て。だめだスポックさんの話になってしまう……。

では早速核心に!


ジョン・ハリソンが、カーンだとぅ!

そう言う話だと思っていなかったので、ひぇぇぇぇ!となりました。
セクション31が(字幕だと31小隊)出てきただけでもずいぶん満足感あったのですが、これパラレルとはいえTOS時代だった!!

遺伝子がどうとかで過去の人(コールドスリープ)とか、その話で「あれ?優性戦争の時の人なの?」とか思っていたら、本当の名前は「カーン」と聞いて思わず息を飲んでしまいました。

優性人間のお話は、スタトレ世界の歴史として認識はしていましたが、詳細は全然知りませんので、魚雷の数などでは全くなにも分からなかったのです。
真のトレッキーはあの数字で閃くものがあるようですね!

そしてそして、まさか今回もニモイさんご出演とは思っておりませんで。

ちらりと出てきたトリブル、重要な役割を果たしてくれましたね、もふもふ。


最後のスポックとカーンの戦いのとき。
あのときはたぶん二人とも、大切なものを奪われたと思っていて、だからどこまでも相手に対する激情があるのだなぁと、少し悲しく。

カーンは確かにいくらかエンタープライズのクルーを殺してますが。
スポックは、本当はカーンの仲間を殺してはいませんものね。まだあの時点でカーンは知らないけど。
スポックも、カークは完全に死んでる(死んでるけど)と思っていて。

よくよく考えれば、冒頭でカーンが利用した男の、娘を救った話も、トリブルもラストへ繋がっていたのかぁ……。冒頭でのは、何事か観たときには分かりませんでしたが、納得納得でした。


他にもクリンゴン語トークとか、フェニックスやNX-01のミニチュアとか、ディープじゃないスタトレファンにとっても、ちょいちょい心をくすぐるものが出てきて、わくわくしながら見られました。


最後、5年間のミッションに出る、ってところでうおおおおお!!
space is the final frontier
のナレーションで、ここからテレビシリーズの時代が(パラレルで)始まるのだなぁと思うと、この世界の先のことを思ってわくわくが止まりませんでした。


スター・トレックよ永遠なれー!

長寿と繁栄を!
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 停滞前線まるさんかく all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。