カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


リンク


ブログパーツ




DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:声優・俳優
ゴーバスターズファイナルライブツアー(以下FLT)に行ってきました。

小さいお友達向けのにはあんまり行くべきでないかなー、せいぜい映画くらいかなーと思っていたのですが、FLTのCMを見れば見るほど、見れば見るほど、行きたくてしょうがない! ということでS席ではなくてA
席をとりました。

ちょっと遠いかな?と思っていましたが、実際に座ってみると、TIGER&BUNNY THE LIVE見たときくらいかな? そのままでも顔のパーツ見えるくらいな。

第1部がヒーローショー。
第2部がトークショー。

感想を一言で言うとですね……。

陣さん好きだーっ!
Jと陣、エンターとエスケイプの組み合わせ好きすぎるーっ!

ってところでしてね。
そこに全ての記憶を上書きされているのですが、続きにもうちょっと感想書きますね。
第1部、ヒーローショー部分、ネタバレ注意報。
まずは第1部ね。
全体としての印象は、映像や光の演出、今時のヒーローショーってこんな感じなんだ!
(みらるは、幼少のとき、10年以上前にいったっきり、大きなお友達になってからは初のショーでした)
タイバニの舞台と同じで、背景の転換は映像で一瞬。
技や変身の演出に強いフラッシュ光やらなんやらつかってましたね。
それから、たぶんJとスタッグバスターに二人アクターさん居て(変身で入れ替わるから)、赤青黄にもノーマル版とパワード版で二人ずついますよね。それにちょっと感心しちゃいました。

オープニングで、モーフィンムービンの方のOP映像が、ノンテロップで。
(私は放送時いかにテロップを凝視していたかを思い知らされました。一部記憶がない)

敵、悪い博士CV杉田さん。
ネオヴァグラス! ということで、バディロイド洗脳狙い。

バディロイド捕獲されちゃうのですが、気になったのはウサダ。
動きが、特に移動中のウサダのガタガタっぷりが。
あれ中に人inタイプですか? 洗脳シーンでのみ、モノが別だった(not人inタイプ?)ように見えましたが。


さて、エンター&エスケイプ復活。
エンター&エスケイプ復活シーンでは、外の人(変身ver)の顔の発光くらいしか見えない感じで。
そのあと、陳内さん&水崎さん(名古屋スペシャルゲスト)でエンター&エスケイプがっ!
てっきり、トークショーのみ登場かと思っていたので出て来てうあぁぁぁ!
生身のシーン、お二人がゲストじゃない回では、変身verでやっていたのでしょうか?特にエンターさんゲストはレアだったようなので、エンターさん見られたのは本当に幸いでした!!

バディロイド襲撃されたので、Jも狙われてる?て展開になり、J。
Jは黒いジェンガずっと持ってて、首からかけてて。森にいるわけですが。
敵が来てやられそうになっているところに、キョウリュウジャー登場!
キョウリュウジャーが戦い始めると、隅っこで体育図わりしてちょこんと。かわいい。

Jはバディロイドの洗脳をとく方法を聞き、またJは自分のデータで一度だけ、と言って陣を召喚。
陣さん登場に会場大盛り上がり。みんな陣さん大好き。

で、最後の方。
陣さんがJの頭をくしゃくしゃって撫でるところが本日の私のハイライト!
二人の絡みが好きすぎて。

エンディングは例のダンス。
陣さんのダンスを生で見られて、もうそれだけで今回見に来たかいがあったというものです。
サビは全員。Aメロ以降は全員じゃなかったんだけど、私はほぼほぼ陣さんをガン見しておりましてな、記憶が。
Bメロのところとか、陣とJは立ち位置が離れてたけど踊り自体はほぼまま。
リュウさんとゴリサキはまさにアレを見せてくれました。
とりあえず、陣さんに釘付けですよもう……。


さて、第2部。まずはゴーバスターズ4人登壇。
客席の方からも声出して、って感じで1人ずつあいさつするのですが。
客席から声が買えるタイミングで、毎回皆舞台袖を見るの。
誰か(エンターさん)が袖から声出してます。

で、やっとエンターさんとエスケイプさんが呼ばれ、袖から出てきたと思うと二人並んで
「ヴァグラス、れでぃーごー!」(バスターズレディーゴーの腕ポンのポーズとって)をやってから立ち位置へ移動。

さらに、反対の舞台袖からウサダ(ガワ)が。出て来てしゃべった後に達央さん登壇。
「地声全然違うでしょー?」としゃべったあとウサダは撤退。
撤退時に舞台上で声を当てる達央さん。動きがガタガタなことに触れて、
「今日は動きがおかしいからちゃんと直してもらわないと」といいながらはけるウサダ。

トーク。
バディについて。仲良くする何かをしてたか?とか。
みんなそれぞれバディがいるわけだけど、という司会の言葉に、ヴァグラス組が
「わたし? わたしたちは? ここふたり? ここふたり!」っていう動きをしてて面白かったのです。
最初にウサダが話してるんだけど、その間にエンターさんが何かポーズとったりしててウサダの話が耳に入ってきません。

撮影爆笑秘話。
印象に残ったのは、「共演者のニワトリさん」
ヒロムの人は、ニワトリ好きじゃなくて、ニワトリ小屋に閉じ込められる感じの所は次第に不機嫌になったとか。
さらに、あるとき「ニワトリさん」は脱走して、スーツアクターさんと助監督さんで15分くらい追いかけまわした、とか。ニワトリさんは大物だから、ニワトリ待ちというのがあってねって話でした。
この追いかけまわしたトークのときに、陣さんがいわゆる「カバディカバディ」のポーズをとり、やや前へ移動。
そして、そのポーズのまま立ち位置に戻ると、「そのまま戻らなくて良い!」と言われ「カバディ」とぽつり。

それから「辛すぎて笑える」話。
エンターさんはアバターだから夏に汗を書かないで、と言われるんだけど、コート的なあの格好では無理な相談で。
エスケイプさんは冬に、白い息でないように氷なめたりするんだけど、腕むき出しなあの格好では寒い、と。

そして、ヒロムの注目ポイント。
新春の話で、陣さんがアフロの回でヒロムは笑いのツボにはまっていて、カメラが回ってても映ってないところに来ると演技あきらめてたとか。
さらに、映ってるところでも帽子を深くかぶって、顔見えないようにしてたそうな。
「見ればわかる」らしい。
でも、0.5秒くらい笑ってるところが映ってると。

さらにヒロムの注目ポイント2。
クライマックスの回(48話あたり)にて、司令室でスクリーンに駆け寄るシーンにて、なぜか手がカッコつけてるらしい。
アフレコの時に映像を見て、自分であれっ?ってなったそうな。



記憶がだいぶ曖昧になってまいりましたので、箇条書き。

*達央さんは緑のカバとして、Vシネ顔出し初撮影に向かうも、みんな初撮影として扱ってくれない。
*アフレコ時、藤原さんはニックの謎の動きに「浅井君は何考えてんの」となり、中村さんはJの動きに「ああ、うん」とだんだん納得していく。
*アフレコ時、ヨーコとのアドリブ掛け合いで、撮影時ヨーコがひたすら「プリン」と言ってるシーンに何をはさみこめばいいか大変だった。(アドリブもヨーコが先撮りなんですね)


抽選会。
抽選用のモノが出てきたときに、一緒にJも来て、「Jは樹液のJだ」と言うと、陣さん「ちゃんと自己紹介で来たな」と。
さらに、スタッグバスター系のグッズはJが引くんだが、読みあげはボイスがないので二度ほどヨーコにパス。
その2回目には「だよな!(読めないもんな、の意)」と言っていて、ホント、ホント。
さらに、最後の方で陣さんが引くと、引いたときの効果音が何故か「グサッ(ブスッ)」という音で、ほんのり苦しんで「血がだらーっと」と言って身ぶりして見せる陣さん。それに対して「陣がふざけるのは泣いているときだ」のセリフがキターッ! 会場大盛り上がり。大歓声後「やりにくいなあ」と言いつつ、引いた席番号を読み上げていました。


最後の挨拶の時の陣さん(松本さん)も非常にカッコよかったなあ……。
子どもには少し難しかったかもしれないけど、いきること死ぬこと、そういうことを感じてほしいという感じのお話してくださいまして。


と言うことでこのあたりで、感想終了!

ゴーバスターズは好きな要素が大きいだけに、本編中でいささか不満もあったりなかったりしましたが、凄い面白い作品、見ることができて、最後にこんなショーまで拝見出来て、幸いでした!!

特命戦隊ゴーバスターズ ファイナルライブツアー2013 [DVD]特命戦隊ゴーバスターズ ファイナルライブツアー2013 [DVD]
(2013/06/21)
鈴木勝大、馬場良馬 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 停滞前線まるさんかく all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。