カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


リンク


ブログパーツ




DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:声優・俳優
音楽劇 蒼穹のファフナー、27日の昼夜二回、観劇してきました!


発表されたときは、「お、音楽劇とか……フェストゥムをダンスとか……何なのさそれ」て思ってましたが、良いもんですね……!

所々で歌(既存のファフナー楽曲や、angela新曲)が入ってきますが、概ねシーンにマッチしていて、変な感じがあまりしない!
二回目、新曲「Remember me」の歌詞を把握してから見たら、涙零れました。


アニメの16話から最終話までが凝縮され、省かれた人の都合で設定変わってる部分が、若干気にかかる点もありましたが………。


で、気になるフェストゥムですが、神々しい。
確かにフェストゥムです。
衣装、照明、振付、ダンサーさんたち、そのすべてがフェストゥムを表していて……びっくり。


私が昨年、恋レベルで好きになった甲洋くんは、今年も大音さんで、他に完璧だ……と昨年思った総士、咲良、乙姫も、昨年と同じキャスト!
しかも芹ちゃんが、石川由依さん!昔、空色勾玉のミュージカルで狭也をやったらしいと知ってから、気になってた方。
剣司の松永一哉さんも、故あって一度は意見してみたかった。

と、キャスト的に非常に美味しい感じで。

実際見てみると、去年大好きだった方々は去年と同じく、いや、それ以上に素敵な。

甲洋くんは、去年のどうしようもないトキメキは収まったみたいで、落ち着いて見られましたが(笑)
去年より大人っぽくなっていてビックリしつつも、カプセルに入った後、キャラデザ変わってる(髪伸びてる)から、それにすごいマッチしてましたね。

あ、竜宮島(ロビー)とアルヴィス(劇場内)の話が……。
これは、②で書きましょうかね。



続きに、第一幕のネタバレありメモのっけます。 ネタバレ警報!

書いてないシーンありますし、記憶からこぼれ落ちてたり、時系列崩れてるかも知れないです……!






~開演前諸注意~

フェストゥム襲来時のCDC風。
敵は録音撮影機器などを無効化するらしい(笑)
客席での戦闘が予想されるため、手荷物の安全確認を、という台詞もあり。
客席での戦闘はなかったが、フェストゥムさんが駆け抜けたり、キャストがいっぱい通路を通ります。

一回目、通路沿いの席だったので、総士やら甲洋やらが近い!
フェストゥムさんたちが駆け抜ける風を感じる!


~第一幕~

北極にさらわれた総士。
イドゥンさんに、戦い方を教えろと言われるあれ。
「分断して、各個撃破」
フェストゥムの総士にたいする攻撃の表現が、総士の後ろのスクリーンに、向こうから渦巻く光、それとフェストゥムのひとの影。影の演技と総士の演技があわさって、左目を侵食しようとするのを、「触れるな!」とかするあたりが素敵に表現。
(一回目、前方通路沿いにいたときはこの辺よく見えてなくて、二回目に合点が行った)


紅音(赤い照明)と甲洋(青い照明)が現れて、世界観の簡単な説明。


教室のシーン。
時系列的には、甲洋同化直後の雰囲気。でありながら、一騎は島をでた後。
教室には甲洋がひとり。そこにやってくる芹。
それから、咲良、剣司、衛、真矢。
「何もかも忘れてしまいそうで怖い」という甲洋。どうしてここにいるのかも思い出せない。
「一騎は?」
「敵前逃亡さ!」
そこに総士。
甲洋はフェストゥムに同化されて、隔離しなくてはならない。
「俺はもうここにいないのか?!」
とパニックのようになった甲洋は倒れ込む。
※教室に「希望」の習字が貼られている。


乙姫ちゃん登場。
総士と初めての会話をする乙姫。でもお互いにずっと見てた。
「ただの人の形をしたコアだって思わないの?」


プレアデス型襲来。
フェストゥムにも選ばせる乙姫。
「選んだのはあなたたちだけじゃないよ。おかえり」

マークザイン登場。(舞台上に一騎立っているが、照明の効果でそこに誰が居るのか見えない)
通信で一騎と知る総士、5秒まての件。エンロール完了のところでShangri-La(一回目)乙姫ちゃん歌唱。
総士と一騎の踊りが一部同調。


謹慎処分な一騎。すれ違って目を逸らしちゃう総士。

一騎くんとちゃんと話して、話をするのをやめたら、本当にお互いどこにもいなくなっちゃう。
と真矢が総士に詰め寄るときの二人の顔が近い。

総士の部屋の件。
「話そうか」の不器用さ演出が、素敵だなーと思うところ。
自販機は、音効さんのタイミングあわせたボタンなどの動作音よいね!
ここで、Terra(デュエット)


乙姫は長くて三ヶ月の命。
芹のところで暮らしたいと乙姫は言う。
芹は「いつまで居てもいいよ」といい、乙姫は「いつまでも居られたらいいな」と思う。


今後の作戦を話し合う。最終決戦には参加せず身を隠す作戦の話、メモリージングについて、若干ふれるのもあり。
何十年、何百年続くかわからない戦いを、次の世代を生かすために続けなければならない。
咲良はフェストゥムを殲滅したいので、もどかしげ。
真矢は自分も前線にでたいと望んでいる。

フェストゥムと話し合えないのか、と芹。昔それを試みて、同化した人がいる。と千鶴たち。


カノンがフェンリル発動しようとするシーン。
とりあえずカノンスタイル抜群で美人……。
危険を冒した一騎に、真矢は消えたいのは一騎のほうなんじゃないかと思う。


史彦と一騎の会話。
戦うのは、いなくなるのは自分一人でいいと思っている一騎に、おまえは一人じゃないという史彦。
この場面でだったか、「人参もちゃんと食えよ」「食わん!」


フラッシュバックに苦しむ総士。
お互いの存在を感じ続けているかのような皆城兄妹。
データ隠蔽、改竄についての話をする乙姫。
※千鶴がデータ改ざんしたことになってるのは、ちょっとしょぼん……って感じですね。
弓子を出す時間的余裕がないので、仕方ないのはわかっておりますが。

この辺でProof。最初は乙姫と芹。次に千鶴と咲良。それから女性陣全員。
ハモリ加減は千鶴と咲良が好みかな。


マークジーベンの訓練。
と平行してミツヒロの「電池呼ばわり」など。
射撃の照明の効果結構好き。


初訓練を終え酔っ払い真矢。に絡まれる一騎
乙姫と総士と出会い、助けを求めるもだめ、真矢は「またねー」と手を振りつつ、追い払う。
「一騎くんのこと覚えてるよ。私のことも覚えていて」と約束をする2人。


フェストゥム襲来。
全員で出撃。DEAD SET(真矢)

ラスサビ直前のところで、咲良がフェストゥムに捕らえられ、同化されかける。※ここでフェストゥム咲良を持ち上げ、半ば宙づりになる咲良など、アクション?がすごい。

咲良ごとフェストゥムを撃とう、憎まれ役は島の人間ではない自分が、とカノン。
咲良を守りたい剣司。
真矢は自分がやるといい、みごとに撃ち抜く。


カノンが咲良に謝り、剣司がカノンに謝り。
その後、ひとり落ち込む咲良と剣司「あんたとあたし、そんなんじゃないだろ」のシーン(合宿後の二人のシーンの部分)


甲洋が外にでる。
上裸(上着は持ってる)の甲洋が、ペタペタと歩いていく(裸足)

20話のあれ。
木刀バトル後、現れたカノンに翔子を思う甲洋。
「あなたはそこにいますか?」
の問いに、「前は居た、だが今はもう……」とカノン。
「翔子はもう、いない……」と泣き崩れる甲洋。

※ここ、アニメを見ているときは思わなかったのですが、音楽劇では、カノンが甲洋に、翔子は今はもう居ないんだよ、っていってあげてる感じがして、そのことに感動。

甲洋を抱きしめる乙姫。
Separation(乙姫→全員)
他のみんなも、泣きながら甲洋と抱き合う。

※ちょっと怖いくらいの甲洋さんの演技、そして泣き崩れる演技すばらしかった……!



第一幕ここまで。


~休憩のお知らせ~
休憩中にカレーを、と一騎。グラタンが食べたい総士。の会話。


昼の回にそんなんだった記憶はなかったのに、昼の回の後、グラタン食べ、夜の回に挑んだ人がここに。



では、また②で続き書けたらいいな。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 停滞前線まるさんかく all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。