カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


カテゴリー


リンク


ブログパーツ




DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:本・漫画
「“文学少女”と死にたがりの道化」を読みました!

このライトノベルがすごい2008で見てから、「あー、読みたい。でも、買う……?」って迷いに迷って3回くらい買おうと手にとって棚に戻すのを繰り返し、あれから約2年。

えっ、アニメ化?
えっ、劇場版?
えっ、Production IG?

と思ってからもずいぶん経ちました。

そして、ようやくこの手にしたのです!

どーん。

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)
(2006/04/28)
野村 美月

商品詳細を見る


冒頭で「ぶふっ(笑)」となり、中盤で「あれ……これってもしや」となり、終盤で「あら? うわーっ」って感じでした。

「あれ……」ってところで、読み返してみたりすれば、「うわーっ」が無かったかもしれません。
でも、「うわーっ」てなった方が楽しいですから。絶対。


しかし、これは続きを読めといわんばかり。
ストーリー的には終わっているんだけれども、「えっ、これについての説明は無いの?」って言うところがちらほら。
ぐぅ、続きを読みたくなる。


ちなみに、劇場版では心葉の声が私の大好きな入野自由くんです。
わぉ、ぴったし。

というわけで、こちらも楽しみですね。

劇場版"文学少女"

スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2017 停滞前線まるさんかく all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。